*

7つの習慣 第6の習慣「相乗効果を発揮する」(シナジーを創り出す)

      2015/12/01


多くのビジネスマン(会社員、営業マン)が基本的な規範としている「7つの習慣」。この記事では7つの習慣のうち第6の習慣「理解してから理解される」(まず理解に徹し、そして理解される)についてわかりやすく説明します。

0a4c9820dffaec1af314816692bc4f17_s

▼広告代理店での営業マン、教育産業での部長職を経て、キャリアアドバイザー(講演+インターネット事業)として独立した筆者が、ホンモノの成功者を輩出するために執筆しています。

▼7つの習慣の全体像は以下の記事にあります。

7つの習慣の要約〜内容のまとめと解説〜

7つの習慣 第6の習慣「相乗効果を発揮する」(シナジーを創り出す)

7つの習慣とは 背景と全体像

9784863940246

・「7つの習慣」はアメリカをはじめ世界で3000万部以上の販売数を記録している経営学者コヴィー博士の理論です。

・人が受け身で周りに流されやすい「ラクダ(日本的に言えば羊)」のような存在から、強い自我を持つ「獅子」のような過渡期を経て、全てを受け止める「赤子」のような存在に至るという「ニーチェの3態」が土台にあります。

経営者の視点が求められる 第6の習慣「相乗効果を発揮する」(シナジーを創り出す)

eac69593d69e8ea2edcca0143df89d82_s

7つの習慣の第5の習慣「理解してから理解される」までは、ひとりのビジネスマンや社会人の視点で十分に理解できるものでした。しかし7つの習慣の総まとめとも言える第6の習慣「相乗効果を発揮する」(シナジーを創り出す)は経営者並みの高い視点が必要です。

例えば会議や話し合いのなかで不調和が現れたとき、個人としても次のような対応が可能です。

・第1の習慣「主体性を発揮する」により相手の意見(反論)に感情的な反応をせず、適切な応答を主体的に選択する。

・第4の習慣「Win-Winを考える」を意識し、傲慢な態度になりそうであれば思いやりを強め、場に流されそうであれば勇気を強め適切な関係性を取り戻す。

・第5の習慣「理解してから理解される」を思い出し、傾聴し対立する意見を肯定的に評価することで、あなたの意見にも注目を集めてゆく。

会議の雰囲気は良くなり議論も出尽くすはずですが、この状況が続けば会議はなかなか終了しません。最終的に会議の結論を導くためには、「経営者」の視点で案をまとめ上げる必要があるのです。

このとき複数の意見の共通項を取る会社と、複数の意見を凌駕した包括案をひねり出す会社で結論が大きく異なってきます。例えばサメが海水浴場に出没し、遊泳禁止という意見と観光産業のために海を開くという意見が対立したとします。「相乗効果を発揮する」というのは、複数の意見を凌駕した包括案をひねり出すということです。この場合ならサメ防止ネットを設置し、監視員を3倍に増やすという案になるでしょう。

第6の習慣「相乗効果を発揮する」の段階では、会議室の上にカメラが設置されていると仮に考え、そこから見た視点が必要です。自分の意見や感情にこだわることなく、経営者(第3者)の視点で話し合いをして、関係性を作っていくことになります。

現代はネット社会となり個人でも成果を上げることができる仕組みがあります。そのためソロの歌手でも活躍する土台がないとは言い切れません。しかし、まだまだビジネスの大半は共同作業に属しています。そのような場ではソロの歌手よりも、バンドやオーケストラの方が成果を上げることが多くあるのです。

【まとめ】7つの習慣 「相乗効果を発揮する」(シナジーを創り出す)

・主体性や目的意識を持った強い個が存在すること(第1〜第3の習慣)。そしてそれぞれの個が相互尊重の精神を身につけていることが前提です(第4~第5の習慣)。

第1の習慣 主体性を発揮する
第2の習慣 目的をもって始める(終わりを思い描くことから始める)
第3の習慣 最優先事項を優先する(優先順位の法則)

第4の習慣 Win-Winを考える
第5の習慣 理解してから理解される(まず理解に徹し、そして理解される)

・それぞれの活性化した個性が生み出す意見を高い視点で冷静に見すえ、それぞれの意見を凌駕した包括案をひねり出す姿勢が「相乗効果を発揮する」です。

・この習慣は個人としての心構えを越え、会社や組織の経営学に属する問題です。

「7つの習慣」のメイン書籍はこれです(出典:楽天ブックス 画像クリック対応)

jcd_af_header

7つの習慣を日本に紹介したジェームス・スキナーが37分間で成功哲学を語った無料CDもあります。ジェームス・スキナー公式サイト

関連記事

f18a2a3c805a2317fc09944e5ddef580_s

嫌な上司への対処法〜超ライフハック〜

「嫌な上司への対処法」などと題されたさまざまな記事に目を通してみました。言葉は悪いですが、どうも視点が低い記事が目立ちます。人と人の関係は決してシンプルなものではありません。この記事では……

 

就活生、転職者必見 ホワイト企業の特徴と診断法~実例8社を分析~

就活生や転職を考えている方にとって重要なのが「ホワイト企業」の診断法。最低でも5年、10年、長ければ数十年勤める可能性がある企業を……

【会社を出てわかった】会社員やフリーターが20代までやっておくべきたった1つのこと

ある大学生から「29歳までにやっておくべきことは何ですか」との質問を頂きました。この質問については、多くの応答が過去にされていると思いますが、今後の日本の産業の動きを考慮すれば……

他人に興味がなく人間嫌いなコミュ障が生き延びるための超ライフハック

他人に興味がなく人間嫌いなコミュ障。一見会社員や社会人としては苦しい立ち位置ですが、そこから始めてそれなりに振る舞うための超……

コミュニケーションが苦手な口下手&コミュ障はたった1つの「思い込み」を捨てなさい

最近の研究で人は脳の無意識のなかで様々な言葉を数秒に一度ツイートしているという説が出てきています。「話が合わなかった……

 -20代ライフハック

  関連記事

同期がウザく、めんどくさい 新入・若手社員の同期との付き合い方は?

同期がウザく、めんどくさいという悩みを抱える新入社員や若手社員がいます。ウザく、めんどうな同期とどの

仕事つらい、新入社員つらい……負担を半分にする方法はあります!

新入社員つらい。2年目以降でも仕事つらい。……STAP細胞はありませんでしたが、負担を半分にする方法

就活生、転職者必見 ホワイト企業の特徴と診断法~実例8社を分析~

就活生や転職を考えている方にとって重要なのが「ホワイト企業」の診断法。最低でも5年、10年、長ければ

辞めたい新入社員の退職の3大理由 辞めていい人ダメな人

この時期、退職を考え始めている新入社員は決して珍しくありません。しかし、その理由によっては、辞めてし

7つの習慣 第3の習慣「最優先事項を優先する」(優先順位の法則)

多くのビジネスマン(会社員、営業マン)が基本的な規範としている「7つの習慣」。この記事では7つの習慣

7つの習慣 第7の習慣「刃を研ぐ」〜スキルアップと自己成長〜

多くのビジネスマン(会社員、営業マン)が基本的な規範としている「7つの習慣」。この記事では7つの習慣

名刺交換の仕方のマナー ポイントはたったの3つ〜同時交換、順番も攻略〜

会社員として仕事をするにしても、フリーランスとして仕事をするにしても外せないのが名刺交換の作法です。

営業マン・販売員の強みはイケメンにこしたことないが第3のマナーが決め手

商品やサービスが大きく異ならない場合、営業マンの強みが決め手になります。イケメン・美人(きれいな人)

会社員か資格・副業か〜若手社員が今後身につけたいスキル〜【2】(ルール22)

上司評価が高い新入社員・若手社員が密かに守るルールの22個目です。 会社員か資格・副業か〜若手社員が

【完全に分かる】7つの習慣の要約〜内容のまとめと解説〜

コヴィー博士の「7つの習慣」の内容を要約・解説します。それぞれの習慣の解説記事へのサイト内リンクを準

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

同期がウザく、めんどくさい 新入・若手社員の同期との付き合い方は?

同期がウザく、めんどくさいという悩みを抱える新入社員や若手社員がいます。ウザく、めんどうな同期とどの

会社に人生を預けない ライター・webデザインを副業にしよう! 大学生や20代におすすめ

東芝、みずほ銀行など大企業の行き詰まりやリストラが相次いでいます。中小企業は、さらに厳しい状況です。

【就活有利】大学生のリゾートバイト おすすめの理由

リゾートバイトは、実は就活に有利。この記事では、就職活動に有利になる、大学生(短大生・専門生)のリゾ

何から始める? 就活のやり方と日程をわかりやく説明

就活は、いつ何から始めればよい? 就活に向けてスタートしたいけれど、どうしてよいか分からない方のため

【すぐ辞めろも3年耐えろも嘘】新入社員が会社を辞めるべき時期とタイミング

新入社員が会社を辞めるべき時期とタイミング。様々な意見がありますが、すぐ辞めろも3年耐えろも正しい考